危険!?レノビーゴの安全性はどうなのか知りたい

子供が使うものだからこそ、危険ではないかどうかの安全性を知っておきたいという方は多いでしょう。

レノビーゴは小さな子供でも使用できると話題の低濃度フッ素配合液体スプレーです。

小さな子供というのは歯が生え始めた赤ちゃんを指すので、なおさら危険ではないかどうかは知っておきたいですよね。

レノビーゴには危険という噂があるようですが、それはなぜなのか、実際のところ安全性はどうなのかをチェックしていきましょう。

レノビーゴは危険?危険という噂がある?

レノビーゴは小さな子供から大人まで使用できる虫歯予防のアイテムです。

小さな子供は歯みがきをさせてくれなかったり嫌がったりすることも多く、なかなか上手く歯磨きができなかったりと悩む親御さんも多いですよね。

うまく歯磨きができないと虫歯になるのでは…と心配になるもの。

レノビーゴは歯みがきを一度した後に、歯ブラシに液体をスプレーしてもう一度磨きます。

味も薄く子供でも嫌がることなく使えるという意見が多く、虫歯予防にもなっていて使いやすいという声も多くあります。

口コミ評価を見ていても良い評価が多く並んでいるため、危険とは考えにくくもありますが、レノビーゴをネット検索してみると危険というワードが確かに出てくるのです。

レノビーゴは人気がある商品ですが、危険と検索している方も多いため気になってしまいますよね。

この危険というワードが並ぶ理由の一つとして、レノビーゴが過去に自主回収を行ったことにあるようです。

レノビーゴが自主回収となったのは記載されている含有量よりも多い香料が入っていたためのようです。

ただちに健康被害に繋がることはないと説明されていることから危険ではないとも言えますが、自主回収する=危険と感じる方も多く、検索されるに至ったと考えられます。

またレノビーゴにはフッ素が配合されていますが、歯が生え始めた赤ちゃんでも使える低濃度の100ppmなのでこの点でも危険度は高くないと言えます。

フッ素には虫歯を予防する効果などがありますが、フッ素を塗布することは危険だと考える方も多くいるのも事実です。

ただ、フッ素入りの歯磨き粉やジェルのフッ素の配合量の割合と比べると、レノビーゴのフッ素の量はとても低いため安全性は高めだと言えるでしょう。

子供が使えるフッ素ジェルなどでは950ppmなど高い濃度のものもあるため、そうした面で見てもレノビーゴは小さな子供にも使いやすいと言えますね。

レノビーゴの愛用者の中で危険を感じたという声は?

では実際にレノビーゴを愛用している方の中で、レノビーゴを使って危険と感じた方はいるのでしょうか。

口コミを見てみると「自主回収になったのがショック、もう使わない」「フッ素が入っている物は危険」「保存料が気になる成分だった」といったものがありました。

自主回収になったという点がひっかかり使用するのを辞めたという方や、自主回収になることが危険と感じている方がいることがわかりますね。

一方でレノビーゴだからというよりは、フッ素入りの商品否定派の意見も多数見受けられますが、これはレノビーゴに限ったことではありません。

そのためレノビーゴの愛用者としては自主回収があったから危険というものが多く、商品そのものを使って危険だった、危険と感じたというものは多くありませんでした。

そうした意見もある中で、「フッ素の量が少なめなので1歳未満の子に使いやすい」「持ち運びに便利」「虫歯ができないので効果があると思う」といった好意的な意見も非常に多くあります。

特に今のところ虫歯になっていないという声が多く、レノビーゴの効果を実感できている声が多く目立ちました。

危険か危険じゃないのかというのは、フッ素入りの商品だと評価が真っ二つに分かれやすいという部分があるので、フッ素の濃度や使い方など納得がいくかどうかを吟味してから使用するのが良いかもしれません。